行政研究部会

行政研究部会TOPIX

What's New!

2017/1/13
2016年野生生物10大ニュースを掲載しました。

2016/1/25
研究セミナー「野生鳥獣の捕獲業務に関わる安全管理について」開催のご案内を掲載しました。
2016/1/25
2015年野生生物10大ニュースを掲載しました。

2015/4/11
2015年度 事業計画を掲載しました。
2015/4/11
2014年野生生物10大ニュースを掲載しました。
2015/3/6
3月6日(金)宇都宮大学にて「平成26年度とちぎ獣害対策地域リーダー育成研修会 第1回とちぎ鳥獣対策フォーラム」を開催します。案内チラシ
2015/1/18
行政研究部会の役員が変更されました。

(2014/6/11)
7月20日(日)宇都宮大学 地域連携教育センター講義室Aにて行政研究部会研究セミナー「放射能汚染と狩猟」を開催します。
(2014/2/19)
2013年野生生物10大ニュースを掲載しました。
(2014/2/19)
セミナー『研究集会「絶滅危惧種保全研究」(3月6日開催)』開催のお知らせ

(2013/9/08)
2012年度と2013年度の事業計画を掲載しました。
(2013/9/08)
2012年野生生物10大ニュースを掲載しました。
(2013/7/24)
研究集会「野生動物管理のための社会科学的研究手法」を8月24日(土)に開催します。
(2013/2/15)
「野生生物と社会」学会行政研究部会セミナー 「野生生物と放射能汚染問題」を3月3日(日)に開催します。
(2013/1/07)
雑誌「鳥獣行政」(1965~1990)「野生生物保護行政」(1990~2001)の雑誌アーカイブスをwebページで公開しています。

行政研究部会とは?

 野生生物の保護に関心を持つ多様な立場の会員の知のプラットフォームであり、野生生物保護学によって社会的な課題の解決に貢献しようとする本学会にとって、行政と研究の協働は基本的な課題のひとつです。
 青年部会が積極的な活動を展開し本学会の裾野を広げていることに続き、平成20年の長崎大会において、行政と研究の交流及び協働を促進することを目的とする2番目の部会を立ち上げました。
 行政研究部会では、行政担当者の野生生物保護に関する自主的な研鑽と発表を支援するとともに、行政ニーズや行政データに関する情報を必要とする研究者にとっても有効な情報交換の場を提供していくことを活動の柱としています。

>>設立趣意書

活動内容

次の2つを活動の柱としています。 

  1. 行政担当者の野生生物保護に関する自主的な研鑽と発表の支援
  2. 行政ニーズや行政データに関する情報交換の場の提供

具体的な事業としては以下のとおりです。

  • 研究会、講習会等の開催(大会時および他に年1回程度)
  • ホームページ及びメーリングリストの運営
  • 行政および研究に関する学会外の組織との連携・協力
  • その他(活動成果の発信、自主研究など)

参加方法

 部会員としての入会は野生生物保護学会の会員の方に限りますが、野生生物保護学会の会員でない方でも、準部会員として登録されることにより、部会員間の情報交換(メーリングリスト等)に参加することができます。

 入会または登録の申し込みは、下の申込書に必要事項をご記入の上、学会員の方(部会員として入会)は学会事務局まで、学会員以外の方(準部会員として登録)は部会事務局までメールでお送り下さい。

  • 行政研究部会 入会申込書 (学会員の人用)[Word版PDF版
  • 行政研究部会 登録申込書 (学会員ではない人用)[Word版PDF版

会費は、いずれも無料です。

事務局

〒162-0066 新宿区市谷台町3番12号 NCTハウス103号
  
野生生物保護学会行政研究部会事務局 
事務局長 増澤 直 (ますざわ ただし)

電話 03-5357-7393
(ご連絡はできるだけEメールでお願いいたします)

Email:gyousei-office@wildlife-humansociety.org

地域自然情報ネットワーク(http://www.geo-eco.net/index.html)