大会TOPIX

第22回「野生生物と社会」学会大会(2016年11月4~6日)は終了しました。
大会の記録はこちら

「野生生物と社会」学会会長よりご挨拶

「野生生物と社会」学会会長
赤坂 猛(酪農学園大学)

 去る5月10日の理事会におきまして、湯本前会長の後任に選ばれました酪農学園大学の赤坂です。どうぞよろしくお願いいたします。
 近年、野生生物を取り巻く状況は目まぐるしい動きをみせています。中大型哺乳類の分布域拡大に伴う農林業被害等の各種軋轢の増大、里地・里山からの人や集落の撤退等に伴う生態系の改変や希少生物への影響、さらには外来生物による生態系への悪影響などなど、深刻な社会問題が次々と惹起されています。このような野生生物がもたらす様々な問題を、地域社会がどのように合意形成し「折り合い」を取り付けていくのかが問われている時代でもあります。
 当学会では、野生生物と人・地域社会との多様な関係のありようを調査研究し、その問題解決を目指すことを鮮明にすべく2012年度に現名称へと変えたところであります。野生生物と地域社会の「折り合い」を見出すべく様々なステークホルダーが「知のプラットホーム」において協働・連携を深めてゆくことが求められています。
 新たな学会名のもと、鈴木正嗣副会長や鈴木克哉事務局長をはじめ理事及び役員各位のご協力等をいただきながら、学会運営に鋭意努める所存です。会員各位のさらなるご理解やご協力を心よりお願いいたします。

2014年5月

会員へのお知らせ

「野生生物と社会」学会の会費は次年度分を前払いすることになっておりますので、会費のお振り込みをお願いします。
 昨年度から会費をお振り込みされていない会員にはサービスの提供を一時的に休止します。

連絡先・投稿先の変更のお知らせ

事務局の連絡先・会誌の投稿先会費入金先の口座番号学会誌購入の送信先(メールアドレス)が変更になって いますので、宛先の確認をお願いします。

メーリングリストのお知らせ

メールアドレスを事務局にご連絡頂いた会員の方には、学会から大会や催し物の案内を差し上げます。メーリングリスト登録希望の方は、以下のアドレスに登録希望のEmailアドレスをお知らせ下さい。
awhs@mynavi.jp

コンテンツ一覧


2012年11月17日に野生生物保護学会は「野生生物と社会」学会と改称しました。