HOME>>学会誌閲覧 >> 野生生物保護 第14巻 第1-2号

野生生物保護

第14巻 第1-2号 2013年7月

[ >>>>>> ]

目  次

原  著

  • 歩行性オサムシのU字側溝およびスロープ付きU字側溝からの脱出能
    ------------山田芳樹・佐々木功・佐々木均・原内 裕 --1
  • 阿武隈川2支川におけるアメリカミンクの生息密度推定
    ------------伊原禎雄・稲葉 修・藤原かおり・佐藤洋司 --9
  • 船の接近が琵琶湖で越冬する水鳥に与える影響の種群ごとの違い
    ------------橋本啓史・須川 恒・西野麻知子・石川俊之 --15

資  料

  • マタギは非常な人間か 〜小国猟師の本音と小中学生のウサギ狩りから学ぶこと〜
    ------------佐藤 忍 --31
  • 谷津田に造成された人工の水溜まりにおけるトウキョウサンショウウオの産卵場所利用と幼生の体サイズ、及び捕食性のザリガニ個体数
    ------------竹内将俊・斉藤祐一・横山能史・土居洋一・大石英子 --43
  • 北海道東部厚岸湾におけるアザラシ類による漁業被害 〜漁業者アンケートの解析 2004-2007年〜
    ------------小林由美・風呂谷英雄・石川恭平・桜井泰憲 --53

- English


>> ご購入(在庫あります)
  • 入会案内

  • 勧誘チラシ(PDF書類)
  • 入会チラシ(PDF書類)

  • 個人情報保護方針