野生生物と社会

第4巻 第2号 2017年3月

[ >>>>>> ]

CONTENTS

原  著

  • 2012年から2014年の北海道東部太平洋側における定置網による鰭脚類の混獲状況/ 1
    -----------羽根田貴行・諸星 綾・小林万里
  • 猟法の違いがイノシシ捕獲個体の齢比と成獣の性比に与える影響/ 11
    -----------後藤直子・竹下和貴・丸山哲也・梶 光一

報  告

  • 北海道・襟裳岬に生息するゼニガタアザラシによるサケ定置網の被害状況の評価
     ~アザラシの対網行動と漁業被害アンケート調査から~/ 19
    -----------増渕隆仁・大山奈緒子・相崎 翔・岡田華奈・大野 慧・石川 昭・越後啓之・鈴木公一・駿河秀雄・小林万里
  • 地域住民に向けた生物に関する情報発信手段の検討:
     研究者による小学校での授業の波及効果/ 29
    -----------松田春菜・田代優秋
  • 岐阜県におけるニホンジカによる落葉広葉樹林の下層植生衰退状況の把握/ 39
    -----------角田裕志・和田 敏・安藤正規
  • 「野生生物と社会」の内容・編集について  
  • 「野生生物と社会」投稿規定  
  • 「野生生物と社会」学会誌編集委員会規約  
  • 賛助会員一覧  

- English


>> ご購入(在庫あります)

学会誌閲覧

各会誌一覧(旧版)