Wildlife Forum -野生生物 井戸端会議- 20巻2号
 秋冬号

Fall/Winter 2016
[ Abstract by CiNii ]

CONTENTS

巻頭エッセイ

点から線、線から面での野生動物管理

柳川 久(「野生生物と社会」学会 理事/帯広畜産大学)

2

特集:野生生物保護管理の最前線

外来生物対策のロードマップ
愛知目標の達成に向けた外来種被害防止の現状と課題

草刈秀紀(WWFジャパン)/
中井克樹(琵琶湖博物館)/
村上興正(元京都大学理学部)

16

連載:欧州狩猟紀行

アルプス縦断編パート3

伊吾田宏正(酪農学園大学)

24

寄稿

「経験の消失」時代における自然環境保全
人と自然との関係を問い直す

曽我昌史(東京大学工学部)/今井葉子(国立環境研究所)/
土屋一彬(東京大学農学部)

28

寄稿

ラムサール条約第12回締約国会議(COP12)について

小林聡史(釧路公立大学)

32

寄稿

何が真に「残酷」なのか
-イルカの追い込み漁を考える(和歌山県太地町から)

関陽子(長崎大学)

39

連載:琉球奄美の野生生物3

アマミノクロウサギの価値と生息の現状

山田文雄(森林総合研究所)

13

Book Review


14

Green Review:

グリーンフォーラム「自然と人とを科学する」報告


20

自治体の最前線から:

特別編 林野庁発 森林における鳥獣被害対策の取り組み


22

行政研究部会へようこそ


37
団体紹介:NPO法人エトピリカ基金





>> ご購入(在庫あります)